ゆたぼんくん

彼はユーチューバーで小学校にあまり通わず、中学校も行かない宣言しているらしい。

私は、他人の冷たさを知るために学校に行っておいたほうがいいと思う。

他人は、「なんかあいつムカつく」「よくわからないけどむしゃくしゃしたから」というだけで、ほんとにそれだけの理由で、じぶんより弱いとみなした誰かを攻撃する。そういうものなんです。

仲が良かったはずのともだちからいきなり無視されたり、先輩に殴られたりする。先生が女子生徒をいやらしい目で見ている現場を目撃するかもしれない。

それらが勉強とは言わない。だけど現実。学校はそういう現実を知って、戦いかたを身に着けていく場所。

もちろん自分が加害者になるかもしれない。その結果、どういう制裁があるかを身をもって知っていくことになる。なかったとしても、そのままで生きれば、どこかでなんらかの報復を受けて、してはいけないことを知っていく。

学校に行っている何年もの間、人に裏切られたり、わが身可愛さに裏切ったり、いじめたりいじめられたり、理不尽に叱られたりする。

なんども嫌な思いしたり失敗したりする中で、どう生きていけばいいかを模索する。

これは家で家族と過ごしているだけではできないんです。

ホームスクーリングやオンライン授業を否定しているわけではないです。これらは学校に行けない理由があったり、別のメリットを重視したうえで取り入れるものだから。

でもゆたぼんくんのいう理由では、ちょっと結論を急ぎすぎているのではないかと思う。もうすでに学校で嫌な思いをしたから行かないことにしたのかもしれないけど。