眠りにもタイミングが必要

ベッドに入ってすぅっと眠ることができればラクなんだけど、なかなか眠ることができないって時もある。 頭の中になにかがかけ巡って止まらないとか。でも起きてしまうともっと眠れなくなるんじゃないかって不安で起きられない。身体だけは疲れてるからやっぱ…

レインコートでしのげるか

今週のお題「雨の日の過ごし方」 映画「恋する惑星」でブリジット・リン演じる女性は、いつもレインコートを着てた。「降っても照ってもしのげるように」と言っていた。 この言葉にはいろいろな意味があるのだろう、ということは置いておいて、 香港はレイン…

「栄養素を持参する」

今週のお題「お弁当」 お弁当って作るの大変なのよ。どうしても品数が多くなるから。 だからもう私は割り切って、「空腹を満たし、午後の仕事のエネルギーにするための栄養素を含む食物を持参する」という意識でいる。実際に栄養になってくれるのは次の日あ…

ゆたぼんくん

彼はユーチューバーで小学校にあまり通わず、中学校も行かない宣言しているらしい。 私は、他人の冷たさを知るために学校に行っておいたほうがいいと思う。 他人は、「なんかあいつムカつく」「よくわからないけどむしゃくしゃしたから」というだけで、ほん…

家事で一番大変なこと

今週のお題「下書き供養」 家事って終わりがない。食器を全部洗ってもすぐに次の食事。掃除をしてもまたすぐ汚れるし洗濯物も毎日洗ってたたむ。ゴールがない。 ↑ここまでが下書きだった。このままでは終われないので続きます。 家事で一番大変なことって、…

女性限定ですが

お題「#新生活が捗る逸品」 他のかたのように高級な最新家電は持ってないし、説得力のある社会人ではないので、ちょっとしたことです。 新社会人のかたや大学等に入られた女性のかた、スカーフを持っておくと良いですよ。 何色か使っているスカーフを地色違…

桜に欠かせないもの

もうあと一息で満開ね、というところで雨が降る。風が吹く。 花は嵐になり、どこかへ過ぎゆく。 ああどうかもう少しだけ、春の夢に酔わせてはくれまいか。 (桜には詩的になりますね。どうしてか桜は日本人には特別で、桜に思いおもいの情緒を乗せて共有でき…

スクリーン・マジック

映画を見るときは、アクションとCGがばりばりのを見に行くことが多い。そして、だいたいの場合、すごく迫力があっておもしろかったよ!という感想を持って帰ってくるのだけれど、あとでほかの人のネットでの評価を見ると、おもしろかったと言っている人が…

春眠暁を覚えず

金曜と土曜の夜にね、夜ふかしだったんですよ。 だから日曜は早く寝たの。 なのに月曜のきのう、やたら早く目が覚めて、ちょっと得した気分だった。 ところが昼間に急に眠くなった。 なにがあったんだか眠い。これが春眠暁を覚えずってものなのね、と納得し…

冬と春を分ける日

今週のお題「祝日なのに……」 お彼岸は祖母のぼたもちを思い出す。かたくやわらかく炊いた餅米に、適度に甘くてちょっと塩気がある、絶妙の味だった。レシピを聞いておけばよかったなあ。 春分の日ってなにか特別な理由や公的行事があるというわけではないの…

国民の制服

マスクをつけることが当たり前になって、早くも約1年。同僚の鼻から下の顔が思い出せなくなってきた。 マスクがウィルスを防げないなんてわかっている。どう考えたってマスクの細かい穴よりウィルスのほうが小さいし。結局、自分からの咳やくしゃみをまかな…

地震多発国の民

建築に詳しいわけではないのだけど、奈良時代に建てられた五重塔は、揺れに合わせてゆらゆらして倒れないようにできてると聞いたことがある。 そして日本の建物はずっと、だいたい木で造っている。奈良の大仏を造れたくらいだから、やろうと思えば石造りとか…

今週のお題「〇〇からの卒業」 今年、学校を卒業される皆さん、ご卒業おめでとうございます。 最上級生の1年間、学校に行けなかったりお友達に会えなかったり、いろいろ不便な思いをしながら、受験や就職活動を頑張ったかたも多かったでしょう。 同時に「お…

さくらがさいた

今日、東京でも桜が開花したそうです。 改めて考えるとすごいよな。「桜(ソメイヨシノ)の標準木」という木を定めておき、省庁が「桜が咲きましたよ」と宣言し、それがニュースになる国。 私も理由はわからないけれど、開花宣言を見ると、ああ今年も桜が咲…

季節のはざまは着るものに困る

よく「秋から春先まで着られます」、「3シーズンOK」といって販売されているコートなどがあって、たしかにそういうのは長く着られる。 だから、そういう感じの適度に厚みがあって、色も中間色なら春まで着られるだろうと、何年か前の秋にモッズコートを買っ…

親指シフトのキーボード

富士通が長年扱っていたそうですが、今年1月で販売終了したという。 名前だけは知ってたけれど、最後まで実物を見ることはなかったなあ。名前はわすれてしまったけれど、文筆業のかたが普及運動をしていたのは覚えてる。 今主流の(と、いうよりほぼほぼこ…

今週のお題「花粉」 そういえば、花粉症っていつ頃から言われだしたかな。 そんなにふるい言葉ではない気がする。 わたしは花粉は関係なく、子どものころから年中鼻がぐずついているアレルギーで、鼻がすっきりするという感覚を知らないのだけれど、「花粉症…

この冬は野菜が安くて助かった

主に白菜が安くて助かった。 おととしの冬は逆に野菜が高すぎて困った記憶があるから、ほんとうに助かった。 農家のかたは不本意な値段で野菜を出荷しているのかなと考えると、ただありがたいだけではいけないのかもしれないが。せめて無駄なくいただくこと…

今日も個人情報が洩れる

最近大掛かりな個人情報漏えいが多い気がする。 なにごとも絶対はないから、起こってしまうのは仕方ない。でも漏えいさせた企業が「今後は再発防止に努めてまいります」とホームページに書くだけで終わる。それでいいのかな、となんとなくすっきりしない。 …

かわいいと萌え

かわいい!って言われるものって、赤ちゃんに似てるものなのよね。 頭が大きくてまるっこくてふわふわしているもの。ぬいぐるみとか。 最近「萌え~」という人はいないと思うけど、(この言葉が流行った当時も使ってる人見たことないけど)、萌えキャラって…

お雛さまってかわいくはないのよね

今週のお題「雛祭り」 子どものころ、おひなさまの顔が恐かった。 こう真っ白くてつるんとした顔にぽちぽちと光る眼があるのがおっかなくてしょうがなかった。 口元が少し開いてるキャラもいるんだけど、あれも牙が出てきそうでこわかった。 でも母は「いい…

感染経路がわからないから

WHOが「新型コロナは空気感染する可能性がある」と発表したのは去年の夏。 ここをどう認識しているかで、ソーシャルディスタンスをなんのためにするか感覚が変わってくる。 空気感染を防ぐために人と距離を置くのか、空気感染はないけれど他人の咳やくしゃみ…